Shanti3養成講座の特長

 instructor school

1.ひとりひとりを大切に育てます。

 

個々の個性を大切にしながら、得意分野を活かせるインストラクターを育成していきます。

 

 

本当にひとりひとりを見ています。その為、定員が6名となっております。資質が異なるのに同じようには進みませんし、それでは個性がなくなってしまいます。

 

ヨガの指導は、得意分野で指導していくことで自信がつきます。そのため、どんなことが得意なのか、一人一人の資質を見て進めていくことはスクールにとっても必須項目ですし、皆様にとってもスクール選びの重要な見極めポイントだと思います。

 

あれもこれもと、ただただ広く浅く学ばさせるのではなく、必要な知識をしっかりと身につけさせ、クラスで実践できるインストラクターを育成するということを大切にしています。

 

 

2.ヨガの叡智全てをアーサナに結び付けた総合講座

 

学びの全てがアーサナと結び付いているので、有効的なヨガクラスができるインストラクターになれます。

 

Shanti3のカリキュラムは、アメリカでのヨガや本場インドの従事者から学んだ数々の知識を基に、分かりにくい哲学・解剖生理学・プラーナ・チャクラといったヨガの叡智全てをアーサナと結び付けた日本では数少ない総合講座を開催しています。

 

「なぜ?」という疑問が、紐解かれていくように講座が進んでいくので学ぶことが楽しくなります。学ぶことが楽しくなると心や体も自然と変わっていきます。

独自カリキュラムの教授法から学んだことは、のちのインストラクターとして活動し始めたときに生徒さんへのアプローチが有効的なものになるでしょう。

 

3. 少人数制です

 

定員6名までの少人数制となっております。

 

愛情いっぱいの手作り弁当は、大量に作ることは出来ないけれど素材ひとつひとつが生き生きと輝いてパワフルですよね。

Shanti3の講座も同様に、多くのインストラクターを一度に生み出すことはせず、少ないけれど、ひとりひとりが生き生きと輝けるインストラクターを育成しています。

 

4. 修了後のフォローアップが実践的

 

現在「日曜ローテンションクラス」に第一期卒業生がインストラクターとして参加しています

 

全ての講座が修了し修了試験に合格した後、インストラクターを目指す方はいよいよ活動にむけて実行しなければなりません。

Shanti3では、スタジオインストラクターになるために欠かせない「オーディション」を実際スタジオで行い(希望者のみ)、選考させていただきます。選考された方は、スタジオのクラスにインストラクターとして参加していただきます。

惜しくも選考されなかった方にもフィードバックをしっかりと行い。今後の活動に役立てていただきます。

 

 

5. 安くてもしっかりと学べ、コースによって支払い方法も選べます。

 

近年の養成講座の受講価格はだいぶ安くなってきました。とは言っても一度のご用意は大変です。

参加しやすいように、生徒さんとご相談の上、分割払いの金額や回数、日程を決めさせていただいております。

単発受講コースは講座参加時のお支払いができますので、無理なく参加することができます。

 

 

リードトレーナーのご紹介

Yuko

全米ヨガアライアンスE-RYT200

 

ヨガ歴17年・講師歴12年。

坐骨神経痛がきっかけでヨガを始める。

国内外にてアーサナ・哲学のトレーニングを積み、ヨガ講師として活動を始める。海外では当たり前に行っている解剖学と哲学を取り入れたクラスを行うことに各方面で評価を得て、週20本以上のクラスやインストラクター養成を担当する。その後独立。ヨガと体のメンテナンス、哲学を学ぶサロンをオープンし、予約が取れないほどの人気サロンとなるが、人気絶頂の折、奇しくもやむを得ない事情により店を閉める。多くを失ったものの、2012年サットグルであるシュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ(アンマ)に出会い、生涯の師とし現在もヨガの哲学の学びをさらに深めている。

Yuko先生のヨガに対する思いはとても暖かい。それはヨガの本質を知ることで、みんなに豊かになって欲しいと切に願っているから。「ヨガの教えがなかなか受け入れることが出来なかったら、反発してどんどんぶつかってきて欲しい。そしてもっともっと関心を持ってほしい」と話すYuko先生。そんな先生からヨガの叡智をぜひ学んで欲しいと思います。